雑食カメラマンの雑感記

神戸でフリーカメラマンをしています。写真やカメラのことを主に書いていこうと思いますが、たまに脱線します。よろしくお願いします。

フィッシュアイコンバーター試写

とりあえず適当に撮ってみました

先日、三宮のキタムラで見つけたOlympusのフィッシュアイコンバーターFCON-P01。

blog.kobephotomic.work

OLYMPUSのMicro Four Thirdsは貸出し中なので、手持ちのPanasonic G-2にくっ付けて撮ってみました。

といってもメーカーが推奨するフィッシュアイコンバーター焦点距離をカバーするレンズは専用バヨネットが付いてないPanasonicの14-42㎜ F3.5-5.6しかないので、手で押さえながらの撮影です。

チョット悲しい光景です。

長田の方に行く用事があったので、久しぶりに鉄人28號を拝みに行ったんですが、そのついでにどれくらいの画角なのか調べてみます。

先ずは何もなしで撮影。

通常の14㎜(35㎜フルサイズだと28㎜)域です

次に手で押さえながらフィッシュアイコンバーターを付けてみます。

思ったより広いですが、魚眼って感じや無いんですよね…

手で押さえるだけなんでズレてしまってますが、まあまあ広く写ります。

調べてみたら35㎜換算で22㎜相当なんだとか。

それなりに広いですが実用性は疑問符が付きまくりです。

ついでにタテで撮ってみます。

タテだとこんなもんですよね

で、フィッシュアイコンバーター付けてみると

四隅がケられるのは仕方ないみたいです

よく見たら右上は指が写ってるような…

まあ、何にせよ純正じゃ無いと四隅が結構ケられるようです。

パースも効きすぎてる訳じゃなさそうなんで、引きがとれない時の記念写真なんかには良いのかもしれませんね。

もうチョットパースが効くかと思ってましたがそれほどでは無さそうです。

 

 

↓良かったらポチってやってください

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

 

島根土産の実力如何

ジャンクはジャンクなんですよね…

先日の島根取材時、帰り道に自分のお土産として購入したCanonのEF-S18-55㎜F3.5-5.6ⅡUSM。

blog.kobephotomic.work

CanonEOSKissFで使おうと思ったら電池切れ。充電しようと思ったんですが長いこと使って無かった電池の充電器が見つからずに途方に暮れていたら、探し物ついでにEOS Kiss Digital(初代)とEOS Kiss DIGITAL Xが見つかりました。

デザイン的にも(多分)性能的にも初代のEOS Kiss Digitalの方が合うだろうと思って付けてみました。

デザイン的にはやっぱりこの時代のレンズに似合うのはこの時代のカメラって感じでして、今の目で見ると大変野暮ったい印象は拭えないのですが、ちょっとした近未来感をほのかに感じます。

さて、では試写を…

初代EOS Kiss Digitalが大変似合います

と思ったら、どうもオートフォーカスが動いてくれません。

中で抵抗があって滑ってるような印象。

やっぱりジャンクはジャンクでしかなかったみたいです。

どうも最近は黒星が続きますね。

次こそはエエのに当たってみたいと思う今日このごろです。

オートフォーカス不良です。

負けっぱなしってのも何なので、バラして内部を勉強するのも一興ですね。

500円で買ったジャンクですし、ひょっとしたら治るかもわかりませんし…

 

 

↓良かったらポチってやってください

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

 

フィッシュアイコンバーター

一時期流行りましたね

キタムラで見つけたOlympusのフィッシュアイコンバーターFCON-P01。

フィッシュアイコンバーターです

標準ズームレンズの前縁に付けたら視野角が広がって魚眼レンズっぽくなるという結構夢のアイテムです。

ミラーレスカメラが台頭してきたころに流行ったなという印象ですが、最近はトンと見ませんね。

前述の通り、標準ズームレンズに付けるモノなのですが、生憎OlympusE-P1が貸出し中なもんで手元にありません…

同じMicro Four Thirds SystemのPanasonic G-1なら付けても違和感ないだろうと高を括って付けようとしたところ、共通規格のネジではなく、Olympus専用のバヨネットだったみたいで、Panasonicの14-42㎜のF3.5-5.6には取り付け不能でした…残念。

ねじ止めじゃなかった…

一応、手で押さえながら付けてみたんですが、ちょっと四隅がケられるのでやっぱり純正に使うのが間違いなさそうです。

乗っけてみましたが…



因みにこのフィッシュアイコンバーターFCON-P01、装着したときの焦点距離はフルサイズ換算で20.8mm相当で画角120°と一般的には16㎜180°のフィッシュアイレンズに比べて狭いんですが、まあ、これでそれだけ出来たら上出来ですよね。

早い事貸出し中のOlympus E-P1諸共に返してもらわないといけません。

 

blog.kobephotomic.work

 

↓良かったらポチってやってください

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

 

NP-140

投げ売りセール品の廃版電池です

外装不良品です

いつものようにソフマップを巡回していると、ワゴンセールにぶち当たりました。

中でも注目はデジタルカメラ用電池が二種類。

メーカーはSanyoとFujiFilmです。

Sanyoの方は懐かしのXacti用みたいで、今後買う予定も無いのでパス。

FujiFilmの方はFinePix S100FS、Finepix S200EXR及びFinePix S205EXR用って事みたいですが、残念ながらどれも持ってません。

ただ、もしひょんなところから前述の機種を手に入れることがあったらいけないので、予防策として手に入れることにしました。プライスは100円なのでまあ贅沢じゃないでしょう。多分。

この電池が使えるカメラは持って無いのですが、とりあえず買ったら開封したいもの。

開けてみました

見てみるとNikonD60に使ってる電池とサイズや端子の形が酷似しています。

ひょっとしたら使えるかも…

と、淡い期待を胸にD60に填めてみたのですが、反応しません。

よく似てるんですけどねぇ…

ちょっと工夫したら使えるようになるのかなーと危険なことを考えましたが、壊れたらアレなんでやめておこうかなと思います。

それよりも、本来の用途であるFinePix S100FS、Finepix S200EXR、FinePix S205EXRのどれかを手に入れたほうが安全で健全ですよね。

好いジャンクが転がってたら良いのですが…

 

 

↓良かったらポチってやってください

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

 

ベルーガ

珍しい飛行機が止まってました

仕事帰りの妻を迎えに行こうと車を走らせていると、神戸大橋を渡った辺りで妙なモノが見えてきました。

期待の上部がパックリ割れているのが見えたので、これがあの有名なエアバスベルーガってヤツかと確信。

妻を迎えに行った後で、少しだけ撮ってみることにしました。

とはいえ、そんな面白いのが来てるとは思いもしなかったので、車にはNikonD60と18-70㎜F3.5-5.6Gがあるだけ。

結構望遠弱いのですが、まあ、神戸空港はコンパクトな空港なんで大丈夫だろうと現地へ向かいました。

ベルーガが良く見える位置まで近付いてみると、平日の真昼間だというのにソコソコ人が居ます。まあ、私も人の事は言えないんですが…

で、いざ撮ろうと思ったら、結構フェンスが高くて厳しい状態。

思ったよりは遠めでしたが、手前のフェンス以外遮るものは無いです

こんな時に限ってライブビューが付いてないカメラしかないってのが泣けます。

まあ、無いものは仕方ないんで、古の技法ノーファインダーでアタリを付けて取ってみます。

何度かの失敗の後、まあ、それっぽく写ってるかなってところまではイケました。

まあ、こんなもんかなってところですが、期待の真ん前に邪魔なフェンスが…

やっぱりぶっつけ本番だと厳しいものがありますね。

多分、空港の展望デッキの方が良く撮れたんでしょうけど、先客が多くて良いポジションを確保できなさそうなんで止めました。

神戸空港が拡張工事してなかったら結構撮り易いところとかあったんですが、今は絶賛工事中でダメですね。

しかもモタついちゃったんで、カバーが開いたところを拝むことが出来ず残念。

それと次にベルーガが来るときには、もうちょっと天気のいい日に飛来して欲しいもんですね。すごい曇天で…

 

 

↓良かったらポチってやってください

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

 

αショック…

まさかの引退です

先日、手に入れたばかりのSONYα200

blog.kobephotomic.work

低スペックながらもなかなか小気味の好いカメラで、レンズの比較とか諸々楽しく遊んでいたのですが、遊び過ぎたのかエライ事になってしまいました。

まあ、見てもらうとわかりやすいんですがこんな状態です…

右下あたりに何かがぶつかったんでしょうねぇ…

背面の液晶が何処かで損傷してしまったみたいでシャレオツなデスクトップの背景みたいになってます。

そういや他の方でα350の背面液晶が同じような惨状になってるのを見たのですが、どうもこの時代の、特にαは背面液晶が脆いのかもしれませんね…

この時期のカメラって液晶カバーみたいなアクセサリーが結構売ってたような気がします。Nikonなんかでよく見ましたよね。

「カメラなんて床の間に飾る訳でも無いねんからガンガン使って傷だらけにしたったらエエねん」

なんて思ってましたが、まさかちょっとしたショックで液晶画面が全面的に見えなくなるとは思いもしませんでした…

OlympusのE-1は背面液晶カバーに亀裂が入っても液晶画面は正常なままでしたし、PanasonicのLX100は当たった部分がピンポイントに液晶漏れっぽくなりましたが、使おうと思えば使える状態。

やっぱりこの時代のSONYが弱かったんでしょうね。

背面液晶が見えないならフィルムカメラ的な使い方…とかも考えたんですが、カメラの設定をはじめとして画質やら諸々の設定は背面駅所が無いと設定できませんので、最早普通にカメラとして使うことが出来ません。

せっかくα300と比較したり色々と今更な比較をして遊ぼうと思っていたのがパァです。

すごく残念ですが、諦めてドフにでも流そうと思います。

何となくα運が悪いなと思う今日この頃です…

 

 

↓良かったらポチってやってください

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

 

島根土産です

自分へのお土産的な

島根ネタが続くわけですが、自帰りに手ぶらで帰るのも何なので前回「部カメラ」を購入したカメラのキタムラ学園通り店に寄り道。

此処は近辺のハードオフなんかよりもジャンクが多くてイイ感じ。

前回購入した「部カメラ」ってのはRicohのXR-10Mで、なかなかイイ感じのジャンクだったと思ってたんですが、結局致命的な不具合があって撮影出来ない個体だったので、家の近所にあるハードオフにジャンクとして放流した次第です。

blog.kobephotomic.work

さて今回は…と見渡すとNikonのCoolPix8700が1k円で売ってたので惹かれたんですが、電池が無かったので困りました。

ジャンクCoolPix8700を購入→サードパティ電池と充電器を購入→結局ジャンク動かず→再度CoolPix8700の良品をヤフオクで漁る

なんてダメなループに陥りそうなので悩んだんですが見送ることにしました。

さて、これでは本当に手ぶらで帰宅だなと思っていたら、EOS Kiss Digital NのキットレンズだったEF-S18-55㎜F3.5-5.6Ⅱが500円で置いてあったので速攻購入しました。

お値段は500円とお安いです

思えば、EF-Sレンズってヤツは一本も持ってなかったのでちょっと楽しみです。

EOSKiss系も結構手放してしまってたので、EOS10DかEOS Kiss Digital Fに付けて楽しもうかなと思ってます。

EOS Kiss Digital Fに付けてみました

で、久しぶりにEOS Kiss Digital Fを引っ張り出してEF-S18-55㎜F3.5-5.6Ⅱを装着。さて使おうかと思ったら電池切れ…

そういえば長く使って無かったのを忘れてました。

今晩充電して明日思いっきり使ってやろうと思います。

 

 

↓良かったらポチってやってください

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村