雑食カメラマンの雑感記

神戸でフリーカメラマンをしています。写真やカメラのことを主に書いていこうと思いますが、たまに脱線します。よろしくお願いします。

今更マウントアダプターにハマる K→EFマウントアダプター

f:id:T_Kimurra:20210616233901j:plain

KマウントレンズをEFマウントへ付けるためのアダプターです


Kマウントレンズが増えてきたので応急措置です

何故か知らないうちに増殖したKマウントレンズ。

今からPENTAXK-1買うとかは現実的ではないので、マウントアダプターを買ってみました。

 

 買ったのは上記のヤツですが、他にもいろいろあるみたいです。

 

Amazonの中国直輸入なんで結構日数掛かるんですが、意外とは早く届きました。

5月末に発注して6月20日~7月初頭の予定だったんですが、2日ほど前に届いたので、実質二週間チョットでした。

日数読めないのは困りますが早いに越したことはありません。

毎度の中国貨物

このテのモノを注文すると、白いビニールに包れて届きます。

f:id:T_Kimurra:20210616233545j:plain

こんな袋に入ってきます

悪評高い中国郵便です。

今回は商品がタダの金属の輪っかなんでまあ良いんですが、精密機械とかだっらと考えたら避けたい輸送方式ですね。何と言うか扱いが荒いんです。

ただ中国製アクセサリーにしては珍しく厳重にケースに包ってきたので、問題はなさそうでした。

f:id:T_Kimurra:20210616233929j:plain
f:id:T_Kimurra:20210616233917j:plain
珍しくケース入りです

安物なので…

マウントアダプターも色々な種類が出てまして「Kマウントのこのレンズが使いたい!!」なんてのは無いので、今回は一番安いので十分。

ただ安すぎるので、指標が定位置からズレるなんてのは当たり前。

さらには定位置を通り越しても回るほどに自由度が高いマウントアダプターでした。

良いのか悪いのか、アダプターからレンズを外すのが大変やりにくい構造になってるので、多少ラフに扱ってもレンズが飛んで行ったりはなさそうです。

ただ、急いでレンズ交換するなんて言うシチュエーションには大変弱そうです。

f:id:T_Kimurra:20210616233838j:plain

メチャメチャズレます

お値段

そんな自由奔放なマウントアダプターのお値段は1700円。

アダプターとしては安いんですが、精度的にどうなんやろうと首を傾げる人にとっては高めのお値段です。

f:id:T_Kimurra:20210616233825j:plain

キチンとロックされないタイプです

まあ、多少ズレてもきちんと無限遠が出りゃあエエんですがね。

一応無限遠も出るしきちんと動きそうなんで、QBMマウントアダプターと共に持ち出してやろうと思ってます。

こうなるとマトモなKマウントのレンズが欲しくなりますね…

 

f:id:T_Kimurra:20210616233849j:plain

とりあえずRikenonを付けてみました。

 

 ↓良かったらポチってやってください

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

 

 

安物単三電池の宿命 NikonF-501

大変NikonらしいデザインのAF機

f:id:T_Kimurra:20210615210912j:plain

発掘したF-501。ストラップは何故かMINOLTAです

先日、妻の実家から義妹に貸しっぱなしにしていたNikonのF-501が出てきました。

考えたら結婚前に貸してたので5年以上ホッタラカシでした。

まあF-501なんて普段使わないから良いんですが、発掘されたそれは無残にも液漏れしまくりの姿。やっぱり電池入れっぱなしでの保管はいけませんね。

f:id:T_Kimurra:20210615211015j:plain

外から一瞥しただけでヤバいとわかる状態

単三電池なら尚更の事。

Panasonicとかの信用できるメーカー品の電池なら大丈夫なのかもしれませんが、中国製の粗悪品は直ぐにシーリングがダメになるみたいで、気が付いたら液漏れしてます。

なかなか厄介です。

f:id:T_Kimurra:20210615210947j:plain

前のデザインのIKEA電池です。バッチリ液漏れしてます

F-501

皆さんご存知かとは思いますがNikonのF-501は、実質Nikon初のオートフォーカス一眼レフ。

序列からいうと実験室から出てきたような形のF3AFに続く二代目ですが、アレは専用の80㎜と200㎜しかAF効かないので、システムとしてはF-501が初めての一眼レフです。

ベースとなったのはFサンケタシリーズの初号機F-301。

 

blog.kobephotomic.work

 

まんまF-301にAFを積んだだけなカメラです。

特徴としては初めて被写体を追い続けるコンティニュアスAFを積んだところ。

残念ながらフォーカスの駆動スピードが遅すぎるので被写体を追従できるのは運と条件が良い場合だけで、実用性は皆無でしたが…

AF性能は使えないレベルですが、その他はNikonらしく手堅く纏められていてイイカメラです。

この辺りがOM707と大きく違うところですね。

 

blog.kobephotomic.work

 

そういえば小学生の頃、初めて読んだ鉄道雑誌等に載っていたNikonのコマーシャルがこのカメラだったのを覚えています。

あの頃はこのテのカメラ買ったらなんでも撮れると思ってました。

まあ、F-501なら頑張ったらだいたいのは撮れそうですけどね。

酷い液漏れ

f:id:T_Kimurra:20210615210935j:plain

カバーも酷い状態です。海底から拾ってきたみたいな腐食です


そんなわけで液漏れは結構酷くて、接点磨いてみたんですが通電しません。

液漏れしてから年単位でほっといたような状態なんで、腐食がなかなか酷くて錆の層が厚いんで結構ピンチです。

f:id:T_Kimurra:20210615210924j:plain

結構根が深そうな腐食です

削り過ぎたら部品を擦切りそうで怖いんですよね。

そういえば半年ほど前にも液漏れの日度CONTAXを鹵獲してきましたが、アレもダメだったような…

 

blog.kobephotomic.work

 

でも、F-501なら手持ちのF-301から部品を移植したら治るのかも知れません。

ただ、果たしてそこまでする価値があるのかどうかってのが…

まあ、ゆっくり治していこうと思います。

 

 

 

 ↓良かったらポチってやってください

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

 

 

OM707度々

とりあえず動きました

f:id:T_Kimurra:20210614221325j:plain

見た目はなかなか(テープが無ければ…)

500円で買ったOM707。

 

blog.kobephotomic.work

 

ヤフオクで落としたヤツより安いかったんですが、無事に動きました。

触ってみるとなかなか可愛らしいカメラですね。

ガワは横長でデカいですが、メーカーが気合入れて開発したのがわかります。

気合が空回りしているのが残念ですが、今の時代からすると80年代後半の自動化が進んだカメラなんてどれもこれも陳腐なモノなんで、飛び抜けてウィークポイントがあるカメラの方が面白いです。

大事なモノを撮る時なんかは使うのを躊躇…というより使いませんけどね。

f:id:T_Kimurra:20210614221313j:plain

シンプル過ぎる液晶表記

実際使ってみると、露出制御はプログラムAEonlyで絞り値やシャッター速度、露出のオーバーアンダーなんて大事なところを実質的に弄ることできない仕様ですし、ピント合わせもマニュアルフォーカスは不可能でオートフォーカスのモーター駆動を用いた「パワーフォーカス」なんて何処をどう考えたらこんなの思いつくんだろうって機能を使わないとできないとか、実用性とは程遠い所に開発資金をジャブジャブつぎ込んだんだろうなーって思えるところが哀愁を誘いますね。

此処で成功してればOlympusも今とはまた違ったポジションに居ただろうに…

f:id:T_Kimurra:20210614221244j:plain

因みにストロボは光りませんでした…

因みに最悪なのが前述のパワーフォーカス。

そのやり方ってのが背面のレバーを使ってピントリングを回す仕様なので、どう頑張ってもこれで思い通りにピントを合わすことができない仕様となっています。

本当にすごいですコレ。機会があれば皆さん試して欲しい位です。

どう頑張ってもピント外す自信しかない。

今思えば可笑しな機構ですが、当時定価で買った少年達はピントを合わせるということの奥深さに絶望したであろうことは想像に難くないですね。罪深いなぁ…

さらには自慢のオートフォーカスも結構なポンコツで、チョット陰になった位で直ぐにペンタ部のAF補助光が謎の怪光線を放射するぐらいに暗所に弱いです。

f:id:T_Kimurra:20210614221258j:plain

そういやペンタ部に機種名ってのは斬新ですね

まあ、OМ707はオートフォーカス黎明期のトップバッターみたいなもんなんで、仕方ないっちゃ仕方無いんですが、このオートフォーカスの性能で事実上マニュアルフォーカスをオミットしているのが凄いなぁ…って思いますね。
まあ、とりあえずは動くようになったので、今度は気長に弟分のOМ101を探そうかなと思ってます。

内視鏡専用機は学習したので、今度こそ本物を…

 

 

 

 ↓良かったらポチってやってください

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

 

 

QBMマウントアダプター マウントアダプター二重で使います

RolleiFiex買っちゃった所為で…

久しぶりにRolleiFiexSL用のQBMマウントPlanarを入手しちゃったんで、どんなものが思い出してみたくなってしまいました。

何というか、RolleiFiexのSL系は元々ボディがヤワで故障がちでしたが、入手した今回のRolleiFiexSL35Eも漏れなく絶賛故障中。

そこそこきれいな個体だっただけに残念でした。

f:id:T_Kimurra:20210613094051j:plain

マウントアダプター二重にしてR6に付けてみました。

で、思い出したのがマウントアダプター。

でも、RolleiFiexSL35系はマウントアダプターを介してM42マウントのレンズが付けられるんですが、1㎜以上厚みのあるM42マウントアダプターを付けるほどにフランジバックが短めなんで、補正レンズ無しで既存の一眼レフマウントに付けることは困難みたいです。補正レンズも無限遠が出ないアダプターも意味が無いですからね。

ただ、時代はミラーレス。私も持ってるのでミラーレスならイケそうです。

早速アマゾンで見てみたら、マイナー規格のRolleiFiexSL・QBMマウントのアダプターがそこそこ散見されます。

見てみるとEOSRマウント用もありました。

 まあコレ買えば一発で解決なんですが、一本のレンズにしか使えないアダプターってのも何となくもったいなくて嫌です。

そういえばLeica用のマウントアダプターを持っていたことを思い出して、探してみたありました。

blog.kobephotomic.work

そういえばこのアダプター、半年ほど使ってない…

折角買ったんで有効活用しなきゃと思って、LeicaのMマウントへRolleiFiexQBMマウントのレンズを付けるものはないかと探してみたら、ありました。

アダプター色々

何故か私が買ったのが出てこないみたいなのですが、結構色々なのがあるみたいです。

 因みに買ったのは下記↓のメーカーのヤツです。 

 個体差があるのかもしれませんが、アタリを引いたのか精度もそこそこ高くてカチッとハマりました。

これはこれで悪くないです。

因みに調べてる過程で買いのようにQBM→EFのマウントアダプターを見つけてしまいました…

初めからコレ買っとけば解決だったな…

 

二重アダプター

実用性は悪く無いんですが、一度LeicaMマウント用に径が窄まって、次にEOSRマウントに向けて径が大きくなるので何となく不格好なのは否めません。

何というか瓢箪みたいんなシルエットです。

f:id:T_Kimurra:20210613102720j:plain

ちょっと不格好です

使えりゃそれで良いんでしょうけど、窄まった部分が弱くなってるみたいで若干不安になるスタイルです。

趣味のモノはスタイル重要ですからね。

f:id:T_Kimurra:20210613102759j:plain

正面から見たら気になりませんが…

f:id:T_Kimurra:20210613102743j:plain

横から見たらちょっとアレな感じ

Leicaにも付くってのがアドバンテージ

何だかんだ言っても、アダプターなんてモノは色々なところに付けられる方が良いに決まってます。

なによりもLeicaのMマウントはそこそこ汎用性が高くて色々なマウント用のアダプターがあるので、今度SONYに乗り換えてもNikonに乗り換えてもQBMマウントのレンズは使えます…いやそれはそんなにメリット無いな。

ただ、幸いにもM型Leicaは持っている(カナダ製のM4-2ですが…)ので、Leicaで使うことも可能ですし、さらには今のデジタルなM型ライカにもQBMのレンズが付けられるという、夢のようなおはなしです。何か豪華なイメージです。

f:id:T_Kimurra:20210613102654j:plain

変に似合う気がしますが…

まあ、予算があれば…の話なんですけどね。

 

blog.kobephotomic.work

 

 ↓良かったらポチってやってください

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

 

 

OМ707再び

掴まされたままなのが嫌だったので…

f:id:T_Kimurra:20210612202335j:plain

500円で鹵獲したOM707

カメラ店で発掘したOM707。

先日、シャッター幕がjamった個体を掴まされてしまった(単なる確認不足)ので、捲土重来の機を伺っていました。

blog.kobephotomic.work

いつも覗くカメラ店のジャンクコーナーで電池室不良の個体を500円で見つけたのですが、何となく一週間迷ってから買ってみました。

まあ、売れるもんではないだろうと高をくくってましたが、本当に売れなかったので仕方なく買ってしまいました。

500円なら「もしタバコ吸ってたら一日で消費する額だからな…」なんて思いつつ浪費をしてしまった訳ですが、無駄遣いでお金が減ったことに変わりはないのでもっと仕事頑張らないといけません。

シャッター幕が生きてる…

f:id:T_Kimurra:20210612202321j:plain

シャッター幕が生きてます

考えてみたらシャッター幕がダメになったる方がおかしな話なんで、当たり前と言えば当たりまえなんですが、ちゃんとしているってのは気持ちの良いもんです。

まだ買ったばっかりなんで、明日電池入れてみないと動くかどうかわかりません。

動くと良いんですが…

電池室不良

f:id:T_Kimurra:20210612202307j:plain

電池室は…

でもまあ、ジャンクはジャンクなんで決定的にダメな箇所が一点あります。

お約束の電池室ロック不良。電池室の爪が折れてるのでビニールテープで塞いでありました。大変みすぼらしいです…

でも、色々見てるとOM707は大体のヤツが電池室のロック死んでます。

考えなくてもアルカリ溶液を鉄で覆った錘のような物質を4本も垂直に入れた部分がヤワなプラスチックの爪なんかで抑えられる訳ないんですよね。そりゃ重力に負けます。

CanonのAL-1なんか同じ単4電池が2本しか入ってないのに大方の個体が電池室やられてますからね。そりゃダメです。

なので、OM707が電池室ダメでもダメじゃないほうが珍しいもんだ思ったら故障箇所も故障に見えてきません。

認知バイアスってこういうときに使うんでしたっけ?

何よりも先ずは電池買ってこないと…

 

 

 ↓良かったらポチってやってください

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

 

 

ここしばらく梅雨とは思えない天気です

暑い日

最近は本当に雨が降らないんで暑い日が続きますね。

港のコンテナも熱々です。

f:id:T_Kimurra:20210609224857j:plain

中身も熱くなってそうです

最近、OlympusのC5060をカバンに放り込んでます。

 

blog.kobephotomic.work

なかなか悪く無いんですが、やっぱりワイドが中途半端。

f:id:T_Kimurra:20210611225104j:plain

C5060で撮ったらこんな感じです。

昔だと悪くない感じしてたんですけどね。

いや、それにしてもこう雨が降らないと不安になってきますね。

降られたら降られたで撮影の時には困るんですが…

 

 

 

 

 ↓良かったらポチってやってください

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

 

 

夕景その4

同日の別カットですが…

f:id:T_Kimurra:20210609225026j:plain

昨日の写真の数分前です

昨日の写真の数分前の画像です。

何となくもったいないので、こっちもアップしてみます。

 

 

 ↓良かったらポチってやってください

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村